隣のアトモスフィア

したたかな日々の黙示録

存在したくない/暗黒崎堕落子

普段はツイッターや展示会などで「どんな学力も暴力の前では屈服せざるを得ない」を信念に、ディストピア炸裂のカッコいい絵を描いている、きゅーちゃんの音楽活動です。

鼓膜が裂けそうになるノイズと不協和音とロリータボイス。世界が壊れていくその瞬間ってこんな音がするんだろうな。抉られる内面、見たくない醜い感情との対峙。

 

特に「饒舌の天使」が好き。天使って可愛らしいイメージで語られる事が多いけど、実際神からのメッセージなんて聞いたらあまりの情報量で気が狂うと思うし、無垢な天使ほど残酷な存在は無いと思う。

結局我々は圧倒的な暴力の前では無力なのだ。潰され抉られ貫かれ壊される。本音や本能を「学力」で必死に蓋をして、騙し騙し生きているんだなと思わざるを得ない、悍ましい一枚です。こんな音楽が各種サイトで簡単に手に入るって、いい時代だね。