隣のアトモスフィア

したたかな日々の黙示録

今更JELLY3月号付録の感想

巷でそこそこ話題だった、JELLY3月号付録のコスメセット。こういう、流行りのメイクが試せる付録っていいなぁと思います。たまに流行りの顔にアップデートしないと、いつまで経っても代わり映えしない顔になってしまう。

f:id:bossrobin:20170219203808j:image

左上から。ハイライト&ローライトのセット。クリームで濡れたような自然なツヤが出るタイプ。口角を上げるのにハイライトが便利だし、流行りのリップやチークメインのメイクの時に、ハイライトをアイホール全体に伸ばしてから、ローライトを二重幅に伸ばし、ブラウン系のアイライナーを引くとやり過ぎない目元になっていい感じ。

 

左下のリップ&チーク。肌馴染みのいいピーチピンクと、流行りのぶどう色のセット。私は唇の色味がとても悪いので、ぶどう色なんて乗せたらちびまる子ちゃんの藤木みたいになるのでは…と使えずにいたんだけど、案外というかとても自然な赤みの発色で、寧ろ血色が良く見える!今まで敬遠してたの勿体無かったなぁ。

 

右のリップケアグロス。リップ下地としてもクリアグロスとしても使える便利な一本。マットなぶどう色を乗せてから、クリアグロスを重ねるとツヤのあるぷるんとした唇に。

 

左のマットグロス。ごく少量でもくっきりはっきりした発色で、様子見ながら少しずつ伸ばしていかないと大変なことに。ほんの少量つけて綿棒でジワジワ馴染ませると、血色系グラデリップになることはなるけど、不器用なのでだいぶ持て余し気味…

 

個人的にはハイライト&ローライトとリップ&チークで大満足。指で取って大雑把に塗ってもそれなりに仕上がるのがいいな。

 

4月から社会復帰するので、それまでに社会に馴染みつつ古臭くない化粧を完成させなけれーば!